フィルターアルゴリズム

(フィルター処理の濃い独り言)

現在JVIEWで使われているフィルターはバイリニア変換の1種類のみです。
もちろん拡大縮小が発生した時にしか動作してません。

バイリニア変換は平滑化の機能も兼ねているので
画像がボケるのが嫌いな人にとってはあまりイケてないのかもですね。

といっても、最近傍変換だとジャギジャギなのでこれも却下と。
(この画像に対してスムージングをかけるのもナンセンスと)

次点でバイキュービック変換。
これはバイリニア変換が2*2近傍の1次線形補完なのに対して
バイキュービック変換は4*4近傍の3次畳み込み内積(非線形)なので
計算量の膨れ上がり方はバイリニア変換の並ではない。
先鋭化もできるから一石二鳥ではあるんだけど…。

そこで問題提起
・バイリニア変換後に先鋭化フィルターをかける
・バイキュービックで平滑化と先鋭化を同時に行なう

自己結論
→「両方試して綺麗かつ高速な方を使え」

はいそうですね・・・ orz
[PR]
by maman_jv | 2005-07-16 04:00 | PSP全般
<< 再生周波数やイコライザ機能 JPEGファイルの並びが変わっ... >>