GPU対応はやっぱりかなり面倒ですな

GPU使っていろいろやろうとするとクリアすべき問題点がたくさんあって面倒ですねぇ・・・

何が面倒かって
(1)読み込む画像のサイズは任意サイズを想定しなければならない
(2)テクスチャーサイズは2の階乗
この2つがなかなか相容れない条件なのがね・・・

簡単にクリアしようとすると内蔵ビュアーと似たような感じになってしまうのだけど
このソフトの趣旨から言えばそれは回避したいし

あーそうだ、シームレス縮小無しとかに限定すれば一気に簡単になるなぁ
(回転/スクロール/シームレス拡大のみOKとか)

シームレス縮小に対応時に考えなければならないこと
(A)2の階乗単位でテクスチャー分割すると分割境界のリニア変換が綺麗にいかない
  →オーバーラップして誤魔化せないものか?(試してないけど期待薄)
(B)巨大画像の場合MIPMAP化は必須なのか
  →多分MIPMAP切り替え境界で画質が変わってしまう

(A)はメモリ効率は今までとほぼ変化無しだけど見た目の画質が落ちる。
そもそも繋ぎ目がわかってしまうのでシームレス画像とは呼べない。

(B)は見た目の画質はテクスチャー切り替え境界付近以外では保障されるがメモリ効率が極端に悪くなる。
また、縮小時に画質が変化する部分ができてしまうので厳密なシームレス縮小とは言えない。

可変サイズの画像を扱わなければならないから考慮しないといけないことが沢山あって面倒だなぁ

内蔵ビュアーがなぜあんな風になったのか(そうせざるを得なかったのか)
今更ながらに実感してる次第であります。 > 内蔵ビュアー製作担当の方心中お察しします

#もっとサクサク解決できる技術レベルと時間が欲しい(最近JVIEWに時間取れて無し)
[PR]
by maman_jv | 2005-08-18 22:00 | PSP全般
<< PS3で使われるCellの情報... 画像閲覧のLRキー設定 >>